「しあわせ」というと「健康」「仕事」「家族」「お金」etc・・・人それぞれ 色々な要素があると思いますが、私にとって一番大切な事は、「自分自身が“しあわせ♪”と実感できる」事。 ・・・ということで、自由気ままに自分が「しあわせ」と感じる日常をつづっていきたいと思います♪

2007年04月01日

結婚式



…といっても、私ではなくお友達の、です。

写真は、新郎が友人のバンド演奏にのせて、新婦の為に歌っているところ。
そして、新婦は感激の涙・・・です。

新郎・廣江さんには、以前からとてもお世話になっていました。

新郎と新婦が出会ったばかりの頃に(付き合う前から)
『とっても二人って、合いそう♪』
と思っていたので、
幸せいっぱいの二人の姿を見ていると
やっぱり合ってる(^-^)と、嬉しくなります♪


実は、新婦・なみちゃんは、病気のために、何度も生死をさまようような経験をしています。

10月に入院した時の事を考えると、今日の幸せ一杯の笑顔が見れたのも、


命があったからこそ


なんだなぁ・・・


と、しみじみ感じます。


なみちゃんから、
小さい頃からの出来事や
ご両親に対する色々な思い
病気の話などを聞いていたので・・・


今日、始終 感激の嬉し涙を流していた なみちゃんの姿から



生きていることのすばらしさと


親の愛情のありがたさについて、



感じることができた1日でした。



初めて会った時から感じていましたが、なみちゃんは、不可能を可能に変える奇跡を起こせる女性。
そして廣江さんは、とても優しく、何事もプラスに捉えられるエネルギーを持っている人だと感じます。
二人のパワーが合わさると、きっと

幸せ一杯 & 色々と楽しい事を生み出せる家庭

になるんだろうな♪

廣江さん、なみちゃん、いつまでもお幸せに!!


新郎・廣江信親さんは、『有限会社ラグズ』の代表取締役(社長)。
新婦・宮成なみちゃんは、『おとこをとりこにするメロメロレシピ』という本を出版したり、テレビ出演したり、料理研究家として活躍しています。

お二人ともブログを書いていますので、ぜひ検索して、読んでみてください。
心動かされる言葉があふれています。
(取り急ぎ、携帯からの投稿なので、リンクがはれないのです…)


ということで、
今日も幸せ。

今、生きていることに感謝。
そして、ご縁に感謝です。


ブログランキングは「オリジナル化粧品をつくる女社長のキモチ」で出ています。
今日のランキングは何位?
(クリックすると分かります♪)
結婚式

同じカテゴリー(仕事以外の出来事)の記事画像
朝の癒されるひととき♪
メールマガジンに掲載されました!!
「アイドル、かくの如し」
「なでしこ」として・・・
年末大掃除に向けて・・・。
芸術の秋と、食欲の秋
同じカテゴリー(仕事以外の出来事)の記事
 朝の癒されるひととき♪ (2012-09-03 16:59)
 メールマガジンに掲載されました!! (2012-06-20 12:00)
 「アイドル、かくの如し」 (2012-01-12 08:16)
 「なでしこ」として・・・ (2011-11-18 20:00)
 年末大掃除に向けて・・・。 (2011-10-28 11:09)
 芸術の秋と、食欲の秋 (2011-09-19 23:50)

この記事へのコメント
宮成なみさんのことが今日(2007年4月1日)頂いた「西日本新聞百三十年史」の293ページから295ページに記載されています。
見出しは「若い女性活動家を誕生させた」(293ページ下段左から7行目)、
「アンケート用紙に綴った思い」(294ページ上段左から5行目)と
「男をとりこにするメロメロレシピ」(294ページ下段左から10行目)です。

「西日本新聞百三十年史」は4月17日発行なのですが、執筆者の鹿毛隆郎さんから今日昼に頂いて、今日一日読みふけっていました。
宮成さんには鹿毛さんの推薦で「えにしフォーラム」でも話して頂いたし、鹿毛さんが執筆中に「食卓の向こう側」の話をいていられたので、どのように書かれているかを興味深く宮成さんの部分も読んでいました。

そのあと、このブログを見たら、宮成さんの結婚指揮のことが出ていたので、忘れないうちにこのブログに書いておこうとキーボードを打ちました。

この西日本百三十年史は通常の社史と違って、個人一人ひとりが生き生きと描き出されている社史です。
多分、社史としては極めて珍しい社史であり、地域とともに生き続けてきた西日本新聞らしい社史になっていると思います。
これからの社史の一つの形の手本になると思います。

宮成さんがこのブログを見られるか、このブログを見られた方が宮成さんに伝えていただくことを期待します。

この本には「咲ら化粧品(森咲子)」の記事を書かれた酒匂純子記者のクロースアップ写真が出ています。「6新地域主義宣言と紙面改革」「記者の顔の大写し」(193ページ上段左から9行目)と大きく取り上げられて意います。

ついでに書いておきますと、第六章の1「食卓の向こう側の衝撃」の章の
「書きながら生活変えた女性記者」(139ページ下段右から5行目)には重岡美穂記者のことが書かれています。

執筆者が女性記者に肩入れしているのじゃないかとか、私が女性記者の箇所ばかり読んだのじゃないか、といわれそうですが、決してそうではありません。本書は冷静な新聞記者の立場で書かれたれっきとした歴史書です。
Posted by 無理ゆうたろう at 2007年04月02日 04:28
は~~~~い、さっこさんも結婚しなさ~~~~~~い。
Posted by kspaws at 2007年04月02日 10:12
森さんありがとー!
また家めししましょうね(*^_^*)
Posted by なみちん at 2007年04月04日 00:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。